DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ウィルス対策
最近爆発的に流行しているキーロガーウィルス GENO
ホームページを開いただけで感染し、オンラインゲームのパスワードを抜き取ります。

簡易的にチェックできる3つの方法があるので、記載しておきます。 キーロガーウィルス GENO の特徴として
感染すると、「コマンドプロンプト」及び「レジストリエディタ」が起動しなくなります。
また、Windowsシステムファイル「sqlsodbc.chm」のサイズが変更されます。

この3つの具体的な確認方法を記載します。


1、Wndowsのスタートボタンから、「ファイル名を指定して実行(R)...」を選択

2、下記画面が表示されるので、「cmd」と入力してEnterキーを押すか、OKボタンをクリック。
  Enterを押した時点で「3」の画面が起動しない場合、感染が濃厚なので、8を参照してください。
※クリックで拡大
ファイル名を指定して実行

3、MS-DOSプロンプトが起動するので、「regedit.exe」と入力して、Enterキーを押す。
※クリックで拡大
DOS窓

4、レジストリエディタが起動します。
  画面が起動しない場合、感染が濃厚なので、8を参照してください。
  起動すれば問題はないので、ウィンドウを閉じます。
※クリックで拡大
レジストリエディタ

5、2の手順をもう一度実行して、MS-DOSプロンプトを開きます。
  または、2で開いたMS-DOSプロンプトを6で再利用します。
※クリックで拡大
ファイル名を指定して実行

6、起動したMS-DOSプロンプトに「dir C:\WINDOWS\system32\sqlsodbc.chm」と入力して、
  Enterキーを押す
※クリックで拡大
DOS窓_コマンド

-----------7の手順はWindowsXPと2000で異なります-----------
WindowsXPの場合
7、下記画面のようなファイルサイズが表示されるので、ファイルサイズが
  「50,727 バイト」であることを確認してください。
  以上で確認は終了です。
  ファイルサイズが異なる場合は、8へ
※クリックで拡大
DOS窓_結果


Windows2000の場合
7、「ファイルが存在しません」のようなメッセージが表示された場合正常です。
  以上で確認は終了となります。
  もしもファイルが存在している場合は、8へ


-----------8以降の手順は感染からの対象方法になります-----------
8、パソコンに詳しくない方は、サポートセンター又はPCに知識のある人に相談してください。
  PCについて知識がある方は、9を参照してください

9、復旧方法はWindowsのクリーンインストール(フォーマット)しかありません。
  感染の可能性は濃厚ですが、しっかりと再確認し、
  自己責任にて再インストールを行ってください。

テーマ : マビノギ - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

こちらスネーク

大佐ー。
ファイルサイズに異常はなかったみたいだ。
至急応答願う。

>>明夫…でいいやもう さん
了解した
引き続き周辺の人の環境を調査してくれ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 マビノギでの日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。