DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:徒然
マビノギのジェネレーション10をクリアして
半神化できるスキル、「光の覚醒」を取得しました。

ここから先はG10の最終戦のネタばれになるので、
ストーリーの気になる方は自己責任で!! G10ラストの戦闘は、女神ネヴァンの息子であるインキュバスの
エラサの力を取り込んだ自分自身のドッペルゲンガーとの真剣勝負

戦闘フィールドは、逃げ場なしの丸い闘技場のようなフィールド
中央に半神化したドッペルゲンガーがいるので、何かしらの攻撃をすると戦闘開始

攻撃をするとドッペルゲンガーは、錬金術のウォーターキャノンウィンドブラスト
そして半神化の力での、スピアオブライトヒューリーオブライトの4つで攻撃してきます

錬金術の2つはさほど恐ろしくないのですが、半神化の2つを受けると致命傷
特にヒューリーオブライトは当たるとその時点で死が確定します。

半神化してしまったドッペルゲンガーには、何を用いてもダメージが1しか通らないので
隙を突いてライフドレインを使って半神化の力を吸収する必要があります。

ですが、普通にライフドレインを用いても効果がないため、
アンドラスとエラサの思い出の品のオルゴールを、ドッペルゲンガーが
ヒューリーオブライトを使用した後の挑発ポーズの時に使用します。
すると苦しみ始めるので、その間に急いでライフドレイン。
うまくライフドレインが決まると、イベントムービーに入り、半神化能力を吸収できます。

半神化スキルを吸収したプレイヤーキャラは半神化スキルを使えるため
使用中は回復・回避が数段楽になります。

ここまではダメージを受けずに簡単に行えるフェーズなのですが、問題はここから。
半神化のスキルがなくなったドッペルゲンガーは、8体程度の分身を召喚してきます。

この8体の分身とドッペルゲンガー1体の合計9体を同時に相手にする必要があるため
慎重に戦闘を進めないと、同時に反応され多対1の最悪な展開へ。

そうなってしまうとウィンドミルで凌ぐか
一度死んでからタゲを切り、仕切りなおすかの2つに1つに。

ドッペルゲンガー本体も厄介なことに、分身が5体以上いる状態だと
ダメージが常に1に、倒せば倒すほどダメージが通るようになるので
ダメージを通すためにも、分身を倒していきます。
私はウィンドミルマスターのため、分身を強引に倒す選択をしましたが・・・

何度も傷つき倒れはしましたが、ギルドメンバーの協力を得てとても希少な
遠隔で他人の蘇生が行えるアイテムを10数個使って貰い
何とか倒すことに成功しました。

決め手は、分身1体が残った状態での蘇生からのスマッシュ

スマシュが決まった直後に、ムービーとエンディングクレジットが入り終了。

無事、半神化スキルを取得することができました。


おまけ
PvPにて半神化スキルを用いて戦ってみました。
戦闘開始直後に、光の覚醒を使い相手を牽制。
遠くでこちらの様子を見ていたので、スピアオブライトで一撃
するとそれだけで相手が瀕死になり、ポーション連続使用で回復中のディレイに
ヒューリーオブライトで突撃で、成す術もなく私の勝利で決着しました。

最初の一撃がスピアオブライト、後の多数攻撃がヒューリーオブライトです
半神化からの、スピアオブライトとヒューリーオブライト

高画質版 光の覚醒+スピアオブライト
光の覚醒+スピアオブライト

高画質版 光の覚醒+ヒューリーオブライト
光の覚醒+ヒューリーオブライト

テーマ : マビノギ - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 マビノギでの日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。